ファッション

平昌五輪、米選手団は閉会式でポロ ラルフ ローレン着用

 米国のオリンピック委員会は、2018年冬季オリンピックの閉会式用ユニフォームを発表した。デザインは「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」が手掛け、米国のナショナルカラーとも言える赤と白、そしてブルーが印象的に配色されている。アウターは撥水素材、赤いストライプの入ったネイビーのパンツはダブルフリースを用いて、インナー用のセーターはビンテージのスキーウエアにインスピレーションを得た。スキーハットやジャケット、セーターなどのそれぞれのデザインのポイントには、アメリカ国旗があしらわれている。

 このユニフォームは12月から、「ポロ ラルフ ローレン」の直営店やオリンピックアイテムを販売する公式ショップなどで販売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら