ファッション

「ナイキラボ」と「ピガール」がコラボコレクション発売 パステルカラーを用いたTシャツやジャケットなど

 「ナイキラボ(NIKELAB)」は1月25日、「ピガール(PIGALLE)」とのコラボコレクション“スポーツの力が世界を前進させる(THE POWER OF SPORT TO MOVE THE WORLD FORWARD)”を発売する。ナイキのウェブサイトや東京・南青山の「ナイキラボ MA5」、東京・円山町の「ピガール トウキョウ」などで取り扱う。

 アイテムは、普段使いから運動時までマルチに活用できるものをそろえる。「ピガール」らしいパステルカラーを用いたTシャツやジャケット、両者のロゴを施したノースリーブ、切りっぱなしの裾が特徴のハーフパンツなど。

 なお、「ピガール」は同時期に「コンバース(CONVERSE)」とコラボレーションした“チャックテイラー 70(CHUCK TAYLOR 70)”も発売する。同スニーカーは、キャンバス地を採用したアッパーに稲妻風のデザインを施し、ブルーとホワイトをベースに製作した全2色をそろえる。日本国内での取り扱い予定はない。

 また、今回のイメージビジュアルにはステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)「ピガール」デザイナーも登場。元バスケットボール選手であるアシュプールは、自身がナイキとの協業で設けたバスケットコート内で撮影した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら