ファッション

「ナイキラボ」と「ピガール」がコラボコレクション発売 パステルカラーを用いたTシャツやジャケットなど

 「ナイキラボ(NIKELAB)」は1月25日、「ピガール(PIGALLE)」とのコラボコレクション“スポーツの力が世界を前進させる(THE POWER OF SPORT TO MOVE THE WORLD FORWARD)”を発売する。ナイキのウェブサイトや東京・南青山の「ナイキラボ MA5」、東京・円山町の「ピガール トウキョウ」などで取り扱う。

 アイテムは、普段使いから運動時までマルチに活用できるものをそろえる。「ピガール」らしいパステルカラーを用いたTシャツやジャケット、両者のロゴを施したノースリーブ、切りっぱなしの裾が特徴のハーフパンツなど。

 なお、「ピガール」は同時期に「コンバース(CONVERSE)」とコラボレーションした“チャックテイラー 70(CHUCK TAYLOR 70)”も発売する。同スニーカーは、キャンバス地を採用したアッパーに稲妻風のデザインを施し、ブルーとホワイトをベースに製作した全2色をそろえる。日本国内での取り扱い予定はない。

 また、今回のイメージビジュアルにはステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)「ピガール」デザイナーも登場。元バスケットボール選手であるアシュプールは、自身がナイキとの協業で設けたバスケットコート内で撮影した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら