ファッション

「ピガール」×「ナイキラボ」コラボが発売 東京でショー開催

「ナイキラボ(NIKE LAB)」は、「ピガール(PIGALLE)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを7月8日に発売する。7日には、東京・渋谷のトランクホテルでランウエイショーを開催した。

 会場内は絵画や彫刻、ウエアを着用したマネキンを配置したミュージアム仕立て。これは6月にパリ市立近代美術館で行ったランウエイショーのセットを再現したもの。“バスケットボール”がテーマのスポーティーなウエアやシューズを身につけたモデルたちがランウエイを歩いた。フィナーレにはステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)「ピガール」デザイナーも登場。コレクションについて「1990年代のアメリカのバスケットボールのムードを、洗練されたパリ風のスタイルで表現している。スポーティーでありながら、タウンユースとして着ることもできる」とコメントしている。

 アイテムはトラックジャケット、トラックパンツ(ともに1万6000円)、スポーツブラ(6000円)、ハイカットスニーカー“エア シェイク インデストラクト × ピガール”(1万8000円)、スポーツサンダル“ベナッシ デュオ ウルトラ スライド × ピガール”(5000円)など。他にもジャケット、パーカ、Tシャツもそろう。

 ナイキのウェブサイト、東京・南青山の「ナイキラボ MA5」、抽選方式の販売を行う東京・円山町の「ピガール トウキョウ」で先行発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら