ファッション

モロッコ出身の個性派が新ブランド 高級ホテルから着想したストリートウエア

 モロッコ出身のシャラフ・タジェル(Charaf Tajer)が、メンズブランド「カサブランカ(CASABLANCA)」を2019年春夏シーズンに立ち上げる。デビューコレクションは高級テニスクラブをテーマにし、テニスの芝やクレーコートから着想したカラーリングのトラックスーツなど快活なカジュアルに素材感でエレガンスを加える。幼少時に父親と訪れた数々の高級ホテルの雰囲気や細部へのこだわりもインスピレーション源の一つで、バスローブをイメージしたパイル地をキーマテリアルに使用したり、エスニックなパターンのシャツにはシルクを用いたりしている。デザインはパリで、生産は全てモロッコ・カサブランカで行う。価格はパイル地のトラックスーツ6万8000円、スーツ11万円、シルクシャツ7万8000円、Tシャツ7500円。日本ではグレイト(GR8)やウィズム(WISM)、ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)、伊勢丹新宿本店などで販売する。19年春夏シーズンは全4型と少なめだが、フルコレクションは19年1月に開かれる19-20年秋冬パリメンズ期間中に披露する予定だという。

 タジェルは「ピガール(PIGALLE)」を率いるステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)とも以前から親交が深く、スキンヘッドにもじゃもじゃのひげ面という個性的な風貌で、同ブランドのショー会場でもひときわ強い個性を放っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら