ファッション

「グッチ ゴースト」のアーティストが自身のブランド立ち上げ 「コンプレックスコン」で披露

 「グッチ(GUCCI)」のGGロゴを用いた作品「グッチ ゴースト(Gucci Ghost)」で知られるアーティスト、トレバー・アンドリュー(Trevor Andrew)が、自身のストリートウエアブランド「リアル バイ(REAL BUY)」を立ち上げた。

 アンドリューが同ブランドのデビューの場に選んだのは、11月3、4日に米ロサンゼルスで開催されたストリートカルチャーの祭典、「コンプレックスコン(ComplexCon)」。イベントに先駆けて1日から公式ECサイトでロングスリーブTシャツを販売していたが、「コンプレックスコン」では65ドル(約7300円)のTシャツや90ドル(約1万円)のロンTをそれぞれ7型販売。コリアンタウンにあるアンドリューのスタジオを再現したというブースには、壁にハンドペイントのジャケットがずらりと並べられ、床には彼によるペイントが描かれていた。当日は無料のタトゥーサービスを提供したり、ラッパーのナズ(NAS)が訪れるなど盛り上がりを見せていた。

 アンドリューは自身のブランド立ち上げについて、「ずっと作品を作り続けてきたから、僕がやっていることを信じ、僕がしたいようにさせてくれる人たちを見つけられるのは素晴らしいことだ。それが最高のシナリオだね」とブランドのブースで語る。

 アンドリューは2000年ごろプロスノーボーダーとして活躍した後、トラブル・アンドリュー(Trouble Andrew)の名前で音楽活動やアーティスト活動を開始。ある年のハロウィンに「グッチ ゴースト」を発表すると、それがアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)率いる本家「グッチ」の目に留まり、16年に「グッチ」とコラボを果たした。アンドリューの作品はドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)やニューヨークのミルク ギャラリー(Milk Gallery)などに展示されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。