ファッション

パリのヤバい地域で行われた「ピガール」19-20年秋冬ショー イカついお兄さまたちを勇気を出してスナップ

 ステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)率いる「ピガール(PIGALLE)」は、2019-20年秋冬コレクションのランウエイショーをパリで18日(現地時間)に開いた。場所は18区に構える同ブランドのアトリエで、あまり治安がいいとは言えない地域。

 また「ピガール」のショーは、毎シーズン何かしらのトラブルが起こることで有名だ。ショー開始時間が大幅に遅れるのは当たり前。さらにアシュプールの知人やそのまた知人たちがショー会場に殺到するため、取材に訪れたジャーナリストたちは、入り口を突破するために相当な労力を強いられる。しかし今シーズンは会場のキャパシティーが小さく、あらかじめ入場制限を設けていたために目立った混乱はなかった。

 来場者は、前日にランウエイショーデビューを果たした「カサブランカ(CASABLANCA)」を手掛けるシャラフ・タジェル(Charaf Tajer)ら、アシュプールと親交が深い仲間たちが集まった。メゾン系ブランドの華やかさや、流行のストリート系ブランドのようなわざとらしい派手さとは一味違う、天然のストリート感を醸し出す来場者たちが多かった。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら