ファッション

パリのヤバい地域で行われた「ピガール」19-20年秋冬ショー イカついお兄さまたちを勇気を出してスナップ

 ステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)率いる「ピガール(PIGALLE)」は、2019-20年秋冬コレクションのランウエイショーをパリで18日(現地時間)に開いた。場所は18区に構える同ブランドのアトリエで、あまり治安がいいとは言えない地域。

 また「ピガール」のショーは、毎シーズン何かしらのトラブルが起こることで有名だ。ショー開始時間が大幅に遅れるのは当たり前。さらにアシュプールの知人やそのまた知人たちがショー会場に殺到するため、取材に訪れたジャーナリストたちは、入り口を突破するために相当な労力を強いられる。しかし今シーズンは会場のキャパシティーが小さく、あらかじめ入場制限を設けていたために目立った混乱はなかった。

 来場者は、前日にランウエイショーデビューを果たした「カサブランカ(CASABLANCA)」を手掛けるシャラフ・タジェル(Charaf Tajer)ら、アシュプールと親交が深い仲間たちが集まった。メゾン系ブランドの華やかさや、流行のストリート系ブランドのようなわざとらしい派手さとは一味違う、天然のストリート感を醸し出す来場者たちが多かった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。