ファッション

ドーバー15周年記念企画 「サカイ」「アンダーカバー」などなじみあるブランドのアイコン商品をモノクロで再解釈

 川久保玲がディレクションするコンセプトストア、ドーバー ストリート マーケットギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA以下、DSMG)は、DSM1号店であるロンドン店のオープン15周年を記念した特別企画「モノクロマーケット(MONOCHROMARKET)」を11月29日に実施する。DSMとなじみのあるブランドを招き、それぞれのアイコンアイテムをモノクロで再解釈して販売する。店頭と公式オンラインストアで扱う。現在、特設サイトで店頭への入場整理券の応募受付を行っており、締め切りは28日18時。

 コラボ相手は、「サカイ(SACAI)」「ダブレット(DOUBLET)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」などの国内ブランドから、「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETTA)」「ジル サンダー(JIL SANDER)」「ナイキ(NIKE)」「ファッキング オウサム(FUCKING AWESOME)」などの海外ブランドまで、多様なジャンルから選出した。アーティストのカウズ(KAWS)やロンドンの老舗出版社アイデア(IDEA)などとのコラボアイテムもそろえる。

 同企画は世界のDSM各店舗で実施。用意するアイテムは店舗によって異なる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら