ファッション

シンフラックス川崎和也×アンスパンウォルデン・ラム×UA栗野宏文 若手起業家と考えるこれからの服作り【サステナビリティ サミットvol.3】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は12月1日、サステナビリティとファッションの未来をテーマに掲げるオンラインイベント「WWDジャパン サステナビリティ サミット」を開催した。3部で構成し、セッション3「アジア発、サステナブル・アントレプレナーシップの可能性 栗野UA上級顧問と服の廃棄問題とこれからの服作りを考える」では、長きにわたり若手クリエイターたちとの対話を続けきた栗野宏文ユナイテッドアローズ上級顧問が、今注目を集めるアジアの若手起業家2人を迎えた。1人目は川崎和也シンフラックス主宰。川崎主宰はAIを使った廃棄ゼロのパターンメイキングを開発。2人目のウォルデン・ラム=アンスパン共同創業者は3Dボディースキャンで、完全オーダーメイドジーンズを製造する。どちらもH&Mファウンデーションが主催する「グローバル・チェンジ・アワード」の受賞者だ。

向千鶴「WWDジャパン」編集長(以下、向):まずはお二人の紹介動画をご覧いただきました。栗野さんはどんなご感想をお持ちに?

栗野宏文ユナイテッドアローズ上級顧問(以下、栗野):僕は約43年間ファッション業界におりますが、まずこういう考えを持った人たちが出てきたこと、2人がすでに社会の中に食い込んで実際に企業と組んでモノ作りに参加していることが素晴らしいですね。

向:川崎さんはもうすでにデザイナーともお仕事をされているんですか?

この続きを読むには…
残り5283⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら