ファッション

NBAの公式パートナーになったナイキ、全30チームのユニホームを公開

 ナイキ(NIKE)と北米の男子プロバスケットボールリーグのNBAが2017-18シーズンから8年間のグローバル・マーチャンダイジングおよびマーケティング・パートナーシップ契約を開始する。NBAに参加するアメリカとカナダの全30チームのユニホームや、試合前や試合中のベンチ入り選手が着用するウォームアップウエアのデザインにくわえ、オールスターゲームをはじめとするシーズン中のイベントにも協力する予定だ。なお、NBAにくわえ、女子プロバスケットボールリーグのWNBAと、Dリーグと呼ばれる将来のNBA選手を育成する目的でNBAが後援する北米大陸のプロバスケットボールリーグのNBAデベロップメント・リーグとも同様のパートナーシップ契約を締結している。

 「アスリートの動き方からポジショニング、体型が5〜10年で大きく変化した。だからこそ、ユニホームのデザインも機能性も変更する必要があった」とカート・パーカー(Kurt Parker)ナイキ アパレルデザイン担当副社長がコメントするように、素材に高機能素材“エアロスイフト(Aeroswift)”を用いることで、ユニホームはNBA史上最軽量でありながら、速乾性に優れ、肌にまとわりつかず、動きやすくなっている。また、200cmを超える選手や19〜40歳という年齢の広さなど、さまざまな選手に対応すべく、これまでに比べパンツを短くし、トップスは細身にすることで、体にフィットするデザインに。さらに、胸元にはパートナーシップ契約としてはNBA史上初となる「ナイキ」のロゴが掲示される。

 9月15日(現地時間)には、ロサンゼルスのソニー・スタジオでローンチイベント開催。全30チームが代表選手をモデルにチームユニホームを発表し、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)が「ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)」に所属するクリス・ポール(Christopher Paul)のユニホームを着用しパフォーマンスを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら