ファッション

セレーナ、カーダシアン、パリス、歴代“アイコン”が集結した「ハーパーズ バザー ICONS パーティー」

 9月8日、ニューヨークの「プラザホテル」で「ハーパーズ バザー ICONS パーティー(Harper’s Bazaar ICONS Party)」が開催された。ジム・キャリー(Jim Carrey)、パリス&ニッキー・ヒルトン(Paris, Nicky Hilton)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)など文字通り歴代の“アイコン”から、セレブ2世のブルックリン・ベッカム(Brooklyn Beckham)、ソフィア・リッチー(Sofia Richie)などニューカマーまで顔をそろえた。

 16年はカニエ・ウエスト(Kanye West)がパフォーマーとして登場したが、今年は「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」9月号の表紙にも起用されたザ・ウィークエンド(The Weeknd)がフロアを揺らした。パーティーのホスト、元仏「Vogue (ヴォーグ)」編集長のカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)米「ハーパーズ バザー」クリエイティブ・ディレクターは、ザ・ウィークエンドの起用について「ファンじゃない人なんていないでしょう。誰もが踊りたくなるミュージックを彼は作り出してくれるし、誰にでも好かれるいい人よ。ゴージャスな彼女もいるし」と語る。

 その彼女、セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)は、ザ・ウィークエンドとともに会場に姿を現した。カリーヌのポラロイドで遊んだ後、自身の“アイコン”について「正直なところ、“アイコン”の定義は変わってきていると思う。私にとってのヒーローは、私の母のような人よ」と話した。

 だが、パーティーが開催されたのはニューヨーク・ファッション・ウイーク真っただ中。ファッション業界の“アイコン”も負けてはいない。アイリス・アプフェル(Iris Apfel)をはじめ、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)、クリスチャン・シリアノ(Christian Siriano)、「ディースクエアード (DSQUARED2) 」のディーン・ケイティン(Dean Caten)とダン・ケイティン(Dan Caten)などのデザイナー、また、モデルも気鋭のウィニー・ハーロウ(Winnie Harlow)からベテランのメイ・マスク(Maye Musk)まで世代を超えて集結した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら