ニュース

ラフ・シモンズの新生「CK」、日本の取り扱い先8店舗決定

 ラフ・シモンズ(Raf Simons)がチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任して生まれ変わった「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」が、2017-18年秋冬シーズンの日本の取り扱い店舗を発表した。

 ラフのファースト・コレクションを販売するのは、「ドーバー ストリート マーケット ギンザ」と伊勢丹新宿本店、エストネーション六本木ヒルズ店、アデライデ南青山店、バーニーズ ニューヨークの銀座店と六本木店、ユナイテッドアローズ原宿本店の7店舗。また、ジュンが手掛けるビオトープはウィメンズのみを販売する。

 ファースト・コレクションは、ラフの右腕でクリエイティブ・ディレクターのピーター・ミュリエ(Pieter Mulier)とともに完成させたもの。ラフは、「スタイルやドレスコードが異なるさまざまな人々。それは未来であり、過去であり、アールデコであり、都市であり、アメリカ西部であり、そのすべてであり、そのどれでもない。一つの時代でもなく、一つのものでもなく、一つのスタイルでもない。アメリカそのもののように、さまざまな個性、さまざまな個人が一体となったもので、それこそがアメリカ特有の美しさと感情だ」と話している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら