ニュース

「ベドウィン」初の旗艦店は“わざわざ”足を運ぶ場所

 2004年にスタートした「ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS、以下ベドウィン)」は、ブランド初の旗艦店「ザ・ハートブレイカーズ」を東京・千駄ヶ谷にオープンした。住所は、東京都渋谷区神宮前2-22-1で、近隣には「ロンハーマン(RON HERMAN)」や「ヒューマンメイド(HUMAN MADE)」などが店舗を構える閑静な場所だ。

 「ベドウィン」のフルコレクションを並べる他、「アディダス(ADIDAS)」のスニーカーや「レッド ウイング(RED WING)」「クラークス(CLARKS)」「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」のシューズ、「ジュリアス タート オプティカル(JULIUS TART OPTICAL)」のアイウエアなど、「ベドウィン」の世界観にマッチするような小物類も取り扱う。

 渡辺真史デザイナーは出店理由について、「もちろんeコマースも手は抜けないが、今だからこそしっかりと店舗を構え、世界観を表現する必要性があると考えた。初めてのショップは、“わざわざ”足を運んでもらう必要のある繁華街から少し離れた場所。今後は、渋谷、青山、新宿などエリア別に、3~4店舗出店を視野に入れている」と話した。

 オープンを記念して、キネ(Kyne)、ヨシロットン(Yoshirotten)、マイケル・カーニー(Michael Carney)の3人のアーティストがグラフィックデザインを手掛けたTシャツ(各8000円、長袖は9000円)を限定販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら