ファッション

アマゾンが3ブランドを支援 東コレでショー発表

 アマゾン ジャパンは、2017-18年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」(以下、AFWT)で、3ブランドのファッションショーを支援するプロジェクト「アット トーキョー(AT TOKYO)」を行う。ブランドは渡辺真史による「ベドウィン & ザ ハートブレーカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」、下中美穂子がディレクションするバロックジャパンリミテッドの「ハウスコミューン(HOUSE_COMMUNE)」、マドモアゼル・ユリアの「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」。3月20〜25日に開催するAFWT期間中に、それぞれのブランドが17-18年秋冬ファッションショーを披露する他、3月10日にアマゾン ファッションで17年春夏の商品を販売。特設サイト内「マイ アマゾン」では、それぞれのデザイナーがセレクトする書籍や映画、家電、ファッションアイテムなどを紹介する。

 17-18年秋冬の東コレは、アマゾンが冠スポンサーになって2シーズン目。昨シーズンは中里唯馬の「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」 を支援。パリで発表したブランド初のオートクチュール・コレクションの東京凱旋ショーを表参道ヒルズで行った。

■アット トーキョー スケジュール
「グローイング ペインズ」3月20日(月)/会場:渋谷Contact
「ハウスコミューン」 3月21日(火)/会場:アンダーズ東京
「ベドウィン & ザ ハートブレーカーズ」3月22日(水)/会場:SOUND MUSEUM VISION

【関連記事】
■東コレ2017-18年秋冬の参加ブランドが決定 シーナウ・バイナウ型も

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら