ファッション

「スタイリング/」1周年でシトウレイとの写真展開催

 マッシュスタイルラボが手掛ける「スタイリング/(STYLING/)」が今春ブランド設立1周年を迎える。これを記念し、表参道ヒルズ店とルミネ新宿店でミニ写真展「SWITCH,FOCUS,TIMING.」を開催する。フォトグラファーにシトウレイを起用し、モデルにビンテージショップ「バースデス」の小澤みちるやフリーランスPRの小林三江子、小林布結里、スタイリストの仙波レナ、モデルの田中シェン、「ロキエ」の永井暁子、モデルの畠山千明、アーティストの紅、PR会社、リディアの本田美奈子、「エヴァ ヴィンテージ」の宮崎聖子の10人のファッショニスタが登場。原宿エリアを舞台に、「スタイリング/」の新作1アイテムを使ったスタイリングをそれぞれ披露している。写真展の会期は、表参道ヒルズ店が3月18~24日まで、ルミネ新宿店が25~31日まで。なお18日には、表参道ヒルズ店で白幡とシトウによるトークショーも行う予定だ。イベントに合わせて製作したTシャツも2色展開で発売する。

【関連記事】
■「スタイリング」2017年春夏コレクション
■白幡啓の新業態「スタイリング/」が表参道、大阪、新宿に "キッチン"をコンセプトに野村訓市が内装デザイン
■イラストレーター長場雄が展示会を開催

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら