ファッション

「ベドウィン」デザイナーが「ヘッド」刷新

 テニスやスキーなどのスポーツギアを取り扱うブランド「ヘッド(HEAD)」は2017年春夏シーズン、日本企画でタウン向けのウエアやグッズを取り扱う「エー ライン(A LINE)」を始動し、リブランディングを図る。デザインは渡辺真史「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」(以下、ベドウィン)デザイナーが手掛け、ファーストシーズンはストリートファッションの感覚とギアメーカーならではの機能性素材を融合した32型のアイテムをそろえた。価格帯はジャケットが2万5000~3万5000円、シャツやスエットが1万5000~1万6000円、ポロシャツやカットソーが5000~1万3000円、パンツが1万4000~2万3000円、シューズが1万2000円など。製造は日本国内の販売権を所有する伊藤忠商事が手掛け、ファッション系セレクトショップを中心とする卸を予定している。現在、「ヘッド」の売り上げは本国オーストリアなど海外がメーンとなっており、今後は新ラインの海外展開も視野に入れる。

 「エー ライン」は、1970~80年代にかけて活躍したテニス選手アーサー・アッシュのスタイルや生き方にインスパイアされており、彼の頭文字“A”をライン名に掲げる。「アーサー・アッシュのルーツであるアフリカのバティック柄や、当時の鮮やかなイエローやブルー、レッドなどのカラーを積極的に取り入れている。『ベドウィン』ではなかなか使わない色なので、楽しいコレクションになった」と渡辺デザイナー。さらに、アーサーが実際にコートで着用していたユニホームもオマージュしている。「チノパンやジョガーパンツには、当時のテニスショーツをイメージした切り替えを加えた。裾がバタつかないようにシャーリングを入れたり、着脱しやすいようにファスナーを付けたり、当時なかったディテールを当時の要素と組み合わせ、彼にオマージュを捧げた」。

 海外進出を目指す理由は、プロダクトの発信以外にも特別な思いがある。「アーサー・アッシュはテニスだけでなく、人権問題に取り組んできた。このコレクションを通じて、その意思を少しでも引き継いでいきたい。世界には日本以上に彼のことを知っている人がいる。『エー ライン』を見た人、着た人が彼のことを思い出し、何かを感じてもらえれば」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら