ファッション

「ベドウィン」渡辺デザイナーが再び「ヘッド」を変える

 テニスを中心とするスポーツギアを扱うブランド「ヘッド(HEAD)」は、渡辺真史「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」デザイナーを迎えて2017年春夏シーズンに始動したタウンユース向けの“エー ライン(A LINE)”の名称を、18年春夏から“ヘッド イエロー レーベル(HEAD YELLOW LABEL)”に変更する。製造は引き続き日本国内の販売権を所有する伊藤忠商事が行い、型数や価格帯はそのままに、デザインの幅を広げて拡販を目指す。

 “エー ライン”は、1970~80年代にかけて活躍したテニス選手アーサー・アッシュから着想した柄や色使いが特徴だった。対して“ヘッド イエロー レーベル”では渡辺デザイナーの感性をより自由に生かすため、「ヘッド」にまつわる全てからインスピレーションを得たデザインに刷新する。18年春夏はテニスプレーヤーのナイトライフをイメージした“ディスコ”をテーマに、ミラーボール柄やビッグロゴ、テニスボールのようなネオンイエローなどで70〜80年代カジュアルのムードを加えた。旧ラインに比べて、渡辺デザイナーが得意とするシンプルなストリートファッションの要素が一段と強くなった印象だ。

 現在の卸先はH ビューティ & ユース(H BEAUTY & YOUTH)やジャーナル スタンダード レリューム(JOUNAL STANDARD RELUME)など4店舗。今後は有力セレクトショップや若年層への拡販に加えて、旧ラインでは実現できなかった海外展開も目指す。

[related post="421126" title='「ベドウィン」初の旗艦店は“わざわざ”足を運ぶ場所']

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら