ファッション

「ベドウィン」渡辺デザイナーが再び「ヘッド」を変える

 テニスを中心とするスポーツギアを扱うブランド「ヘッド(HEAD)」は、渡辺真史「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」デザイナーを迎えて2017年春夏シーズンに始動したタウンユース向けの“エー ライン(A LINE)”の名称を、18年春夏から“ヘッド イエロー レーベル(HEAD YELLOW LABEL)”に変更する。製造は引き続き日本国内の販売権を所有する伊藤忠商事が行い、型数や価格帯はそのままに、デザインの幅を広げて拡販を目指す。

 “エー ライン”は、1970~80年代にかけて活躍したテニス選手アーサー・アッシュから着想した柄や色使いが特徴だった。対して“ヘッド イエロー レーベル”では渡辺デザイナーの感性をより自由に生かすため、「ヘッド」にまつわる全てからインスピレーションを得たデザインに刷新する。18年春夏はテニスプレーヤーのナイトライフをイメージした“ディスコ”をテーマに、ミラーボール柄やビッグロゴ、テニスボールのようなネオンイエローなどで70〜80年代カジュアルのムードを加えた。旧ラインに比べて、渡辺デザイナーが得意とするシンプルなストリートファッションの要素が一段と強くなった印象だ。

 現在の卸先はH ビューティ & ユース(H BEAUTY & YOUTH)やジャーナル スタンダード レリューム(JOUNAL STANDARD RELUME)など4店舗。今後は有力セレクトショップや若年層への拡販に加えて、旧ラインでは実現できなかった海外展開も目指す。

[related post="421126" title='「ベドウィン」初の旗艦店は“わざわざ”足を運ぶ場所']

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら