ファッション

「情熱大陸」にスズキタカユキ インドネシアでの新ブランド立ち上げや舞台衣装制作を密着取材

 ドキュメンタリー番組「情熱大陸」(毎日放送)は9月25日、デザイナーのスズキタカユキ(40)を密着取材した6カ月間の記録を放送する。取材では自身のブランド「スズキ タカユキ(SUZUKI TAKAYUKI)」のデザイン活動の他、今春に始動したインドネシアの大手アパレル企業2社との新ブランド立ち上げの背景にフォーカス。また、舞台衣装やウエディングドレスの制作、音楽と裁縫のパフォーマンス「仕立て屋のサーカス」の舞台裏を追った。

 スズキは1975年愛知県生まれ。東京造形大学に在学中、独学で服作りを学び、舞台衣装の制作をスタート。2002-03年秋冬に自身の名前を冠したブランド「スズキ タカユキ」を立ち上げ、08年にオーガニックコットンにこだわった「イクナ スズキタカユキ」を始動。その他にも、映画やミュージックビデオ、舞台などでミュージシャンやダンサーの衣装を手掛けている。インドネシアでは、国内大手のアパレル企業のダンリリス(Dan Liris)とエックスエスエムエル((X).S.M.L)の2社とブランドを立ち上げた。

■情熱大陸ー「スズキタカユキ」
日程:9月25日(日)
時間: 23:00〜23:30
チャンネル:毎日放送(MBS)

【関連記事】
「情熱大陸」がパリコレに挑んだ「アンリアレイジ」の森永邦彦デザイナーに7ヵ月密着取材

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら