ファッション

「ポロ ラルフ ローレン」5番街旗艦店は2週間以内に閉店

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」のニューヨーク5番街旗艦店は、わずか2週間後に姿を消すようだ。この店舗は、ウィメンズの「ポロ」ラインのスタートや、新業態「ラルフズ コーヒー(RALPH'S COFFEE)」の導入などニュース満載でわずか3年前にスタートしたばかり。ラルフ ローレン社は、2013年にこの場所を15年借りる契約を締結したようだが、年間2500万ドル(27億7500万円)と推定される賃料は、当初から重くのしかかっていたようだ。加えて、アメリカ国内ではアパレル不振が続き、ロシアや中国からの観光客は減少。負担を支えきれなかったとの声が上がっている。

 5番街の旗艦店のみならず、同社は2017年度中に約50の店舗閉鎖を検討中。これに先立ち、16年度には43の店舗を閉じた。一方で、ロンドン・リージェントストリートの「ポロ ラルフ ローレン」の旗艦店などは順調と言われている。

 業界筋は、ラルフの今回の英断を好意的に捉えている。直営の店舗網も多く、近隣のメイシーズなども大きなインショップを持つ「ポロ ラルフ ローレン」のついては、「あまりに広大で高額な5番街旗艦店の閉店は妥当」とのコメント。デジタルへの投資も評価されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら