ビジネス

中国発「シーイン」や「アリエク」が日本と世界のファッション消費地図を大きく塗り替える【営業・販売員に読んでほしい記事3選】

無料で読める

この連載は週に一度「WWDJAPAN.com」に掲載した記事の中から、編集部の記者がテーマに合わせて記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。今週のテーマは「営業・販売員に読んでほしい記事3選」。当事者はもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:横山泰明記者

1978年生まれ。東京外国語大学ヒンディー語専攻。繊維・ファッション業界紙「日本繊維新聞」の記者を経て、2010年から「WWDジャパン」で記者。担当は合繊メーカー、素材、商社、EC、ファッションビル、ショッピングセンター。

【記事1】
4社で16兆円超え 「シーイン」「TEMU」「アリエク」「TikTok」、「越境EC四大巨龍」が爆速成長しているワケ【越境EC最前線 前編】

ネット通販やライブコマース、スマホ決済、ゲームなど、次々と世界最先端のテクノロジーやサービスが生まれている中国。その最新コマース事情を、ファッション&ビューティと小売りの視点で中国専門ジャーナリストの高口康太さんが分かりやすくお届けします。今回はシーインやTEMUなど世界で爆速成長を続ける「越境EC四代巨龍」。その背景を解説します。(全文はこちら

【記者のコメント】
中国発の、生産地から直接消費者に配送する「越境EC」が猛烈な勢いで成長している。「シーイン」「アリ・エクスプレス」「TEMU(ティームー)」「TikTokショップ」という4大企業合計の商品取扱高は16兆円。最大手の「シーイン」単体でも推計で7兆円。同社は未上場だが、「ザラ」を擁する世界最大のSPA企業インディテックスをもしのぐ。この記事では、急成長を続ける原動力になっているビジネスモデルを解説する。

【記事2】
ZOZOが描く「販売員のいない次世代リアル店舗」の青写真

この続きを読むには…
残り919⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。