ファッション

カギは働く女性の“時短ニーズ” アダストリア「アンデミュウ」、ソフトバンク本社で販売イベントの意図は?【企画担当に読んでほしい記事3選】

無料で読める

この連載は週に一度「WWDJAPAN.com」に掲載した記事の中から、編集部の記者がテーマに合わせて記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。今週のテーマは「企画担当に読んでほしい記事3選」。当事者はもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:本橋涼介記者

1991年、静岡県生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒。村上要「WWDJAPAN」編集長と同じく静岡新聞社の記者を経て、2018年から現職。大手アパレル、百貨店、SPAを取材。2021年4月からビューティビジネスも取材分野に

【記事1】
ウエルシアがプレミアムヘアケアブランド「イッツ」を立ち上げ PB拡大戦略の一環

ウエルシア薬局は6月1日、新オリジナルヘアケアブランド「イッツ ワッツ インサイド ザット マターズ(ITʼS WHATʼS INSIDE THAT MATTERS. )」(以下、イッツ)を発売する。同社のプライベートブランド(以下、PB)の強化戦略の一環として、プレミアム価格帯の薬用スカルプシャンプー(400mL、1680円)やダメージリペアトリートメント(400mL、1680円)を展開する。(全文はこちら

【記者のコメント】
プレミアム価格帯のヘアケアは近年活況だが、差別化が難しい市場にもなりつつある。ドラッグストアPBの先行事例にマツキヨココカラグループの「アルジェラン」が思い浮かぶ。PBブランドとは思えない高感度な世界観でプレミアムヘアケアからスキンケアにもカテゴリーを広げ、成功を収めた。ドラッグストアPBも、メーカー品と比べた「お値打ち感」だけでなく、プラスアルファの価値が必要な時代。「イッツ」は独自性を確立できるか。

【記事2】
アダストリア「アンデミュウ」、ソフトバンクでポップアップストア実施 “女性応援“を体現

この続きを読むには…
残り749⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。