ファッション

「ラブ・ライナー」がフランス・パリに進出 「ニベア」の自販機が東京駅に初登場!【企画担当に読んでほしい記事3選】

無料で読める

この連載は週に一度、「WWDJAPAN.com」に掲載した記事の中から編集部の記者がテーマに合わせて記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。今週のテーマは「企画担当に読んでほしい記事3選」。商品企画に携わる皆さんはもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。ニュースの読み方を知るとともに、ビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:竹田紀子「WWDJAPAN」記者

学生時代からライターとして活動。編集プロダクションやフリーランスの活動で美容や食、占いなど女性向け情報のほか、エンタテインメントやトレンド情報まで幅広く扱い、雑誌やムック本、書籍などの編集・ライティングを行う。その後ウェブ媒体でトレンドニュース記者や女性向け媒体の副編集長などを約10年間務める。2017年にINFASパブリケーションズに入社。他業種や消費者の興味と関心も視野に入れた情報収集をテーマに据え、幅広いアプローチによるビューティ記事の執筆を目指す

【記事1】
原宿の「ハラカド」公開 企業とクリエイターの協業を促す施設

東急不動産は9日、開業を4月17日に控える複合施設「東急プラザ原宿『ハラカド』」(東京都渋谷区)を関係者に公開した。原宿の中心である神宮前交差点の角地にの地上7階・地下1階・延べ床面積1万9940平方メートルに70店舗が入る。物販や飲食の店舗だけでなく、著名なクリエイターのオフィスやスタジオを置いたり、入居者同士の協業を促したりするなど、実験的な取り組みを推進する。(全文はこちら

【記者のコメント】
近未来的な雰囲気を醸している渋谷の駅前再開発。街並みは美しくなり回遊性も向上したが、その一方で“渋谷らしさが失われた”という声もある。わい雑で混沌とした雰囲気は一見さんには近寄りがたく、小道に入れば迷いやすかったが、再開発で「どの街でも似た雰囲気の店が入り、街の個性が薄れた」というのだ。原宿の雰囲気と“創造施設”を名乗る「ハラカド」の個性、それらを育てるのは「ハラカド」テナントをはじめとした各社の仕掛けになるはずだ。

【記事2】
「ラブ・ライナー」がフランスに初出店 パリ老舗百貨店ル・ボン・マルシェに

この続きを読むには…
残り833⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。