ファッション

スノーピーク純利益99%減の衝撃、コロナ明けのキャンプ市場の明暗【企画担当に読んでほしい記事3選】

無料で読める

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事の中から、編集部の記者がテーマに合わせて記事をピックアップし、コメント付きで紹介する。今週のテーマは「企画担当に読んでほしい」。企画担当の皆さんはもちろん、ファッション・ビューティ業界で活躍する皆さんにもぜひ読んでもらいたい。ニュースの読み方を知るとともに、ビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

選者:林芳樹「WWDJAPAN」ビジネスデスク

1972年、千葉県生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て、98年に業界紙の日本繊維新聞社に入社。広告営業を経て編集記者になり、メンズウエア、スポーツウエア、SPAなどを取材する。2009年2月にINFASパブリケーションズに入社。「WWDジャパン」編集部に配属され、主にビジネスニュースを担当する

【記事1】
原宿の新名所「ハラカド」4月17日開業
「ディオール」「ジョー マローン」など75店舗 テナント一覧公開

東急不動産は8日、東京・原宿で建設中の商業施設「東急プラザ原宿 ハラカド」の開業日を4月17日と発表した。ファッション、ビューティ、フード、カルチャーなど幅広い分野の75店舗が入る。表参道と明治通りに面した路面には、「ディオール(DIOR)」(秋オープン予定)と「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」が店舗を構える。立地する神宮前交差点の斜向かいには、12年から営業する東急プラザ表参道(オモカド)が営業しており、2館体制で原宿での発信力を高める。(全文はこちら

【記者のコメント】
原宿は訪日客を含めた多くの買い物客で賑わっている。しかし1970〜2000年代に数々の流行や文化を生み出してきたのに対し、現在は単なる消費地になってしまった。ハラカドを開発する東急不動産の問題意識もここにある。人気ブランドを集めただけの商業施設では物足りない。新しい文化を生み出す発信拠点に発展できるかが鍵だ。

【記事2】
スノーピーク純利益99%減 キャンプ失速が如実に

この続きを読むには…
残り891⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。