ファッション
連載 WWDJAPANスタッフの2024年“初買い品” 第3回

「スリー」のマルチカラーバームや「スンカ」の入浴剤、「フェティコ」のアウターなど ビューティエディターの2024年“初買い”

連載「WWDJAPANスタッフの2024年“初買い品”」、第3回目は浅野ひかるソーシャルデスクと編集部・記者の遠藤里紗が登場。日々ビューティブランドを取材する2人が年始に購入した春の新作コスメや入浴剤などを紹介します。

ソーシャルデスク 浅野の初買い品

「スリー」の“グラムトーンカラーカスタード”

スリー(THREE)」の“グラムトーンカラーカスタード”(全10色、各3300円)は、アイシャドウやチーク、リップに使用できるマルチカラーバーム。これ1つで、手軽にワントーンメイクを楽しめます。「色ってこんなに大胆に使っていいんだ!と思わせてくれるアイテム。シアーな発色で使いやすいので、カラーメイクに挑戦してみたい人にもおすすめ。春の開放感を表現した鮮やかなカラーがめちゃくちゃかわいくて、追加でたくさん買い足した」と語ります。マットな質感ですが滑らかになじむので、マットが苦手な人でも使いやすいのだそう。

「シロ」のメタリックなネイルとアイシャドウ

「春はパステルカラーなど軽やかなカラーに意識が向かいがちだが、今年はあえて無機質なシルバーをまといたい気分」と紹介したのは「シロ(SHIRO)」の“亜麻ネイル”(7H09 シルバー、2560円)と“米ぬかアイシャドウクリーム”(3H03 オーキッドグレイ、3734円)。ネイルは一度塗りでギラっとした発色をかなえます。アイシャドウクリームはキービジュアルに惹かれて購入したそう。「カラーラインのように目尻に乗せてもいいし、伸びがいいので、まぶた全体にカジュアルに乗せてもいい。ゴールドっぽいラメも入っているので白浮きせずになじむところもポイント」とおすすめします。

「フェティコ」のアウター

フェティコ(FETICO)」のアウターは、ウエストがくびれているためシルエットにメリハリがあり、Pコート風のデザインも相まってすっきりと着用できるそう。「裾が広がったガーリーなデザインも気に入っていて、暖冬だけど愛用している」と熱く語ります。

「フェティコ」は、23年8月の「楽天 ファッション ウィーク東京」参加後、9月に香港最大のファッションイベント「センターステージ(CENTRESTAGE)」で、ブランド初となる海外ショーを行いました。同ブランドは3月の東コレにも参加予定で、海外でのショーを経て、今シーズンはどのようなクリエイションを披露するのか注目です。

酵素入浴液“つるぽかエプソムソルト”

最後に紹介したのは、回生堂の酵素入浴液“つるぽかエプソムソルト”(2L、2800円)。“自宅で手軽に酵素風呂”をコンセプトに開発されました。「毛穴が全部開いたんじゃないかと思うほど、めちゃくちゃ汗が出る。温まるし、肌もツルツルになる」と、年末年始の溜め込みを体内からリセットしているそう。

編集部・記者 遠藤の初買い品

「スンカ」の薬用入浴剤

最初に紹介するのは、アイメイクブランド「ラブ・ライナー(LOVE LINER)」などを扱うmshが1月に立ち上げた新ブランド「スンカ(SUNCA)」の薬用入浴剤(アソート2種4錠、1210円)。パッケージには大きく10と3の数字が描かれています。数字はそれぞれ、入浴剤が溶ける時間を表しており、10分で溶ける“繭のなか”の香りが特に好きだそう。香水のように香りが移ろっていくのが特徴で、「落ち着いて、深呼吸ができるような香り」と語ります。サウナやお風呂好きの友人へのギフトにもおすすめといい、年始には同商品を箱買いしたのだとか。

「アロマティカ」のナイトクリーム

2つ目は、韓国発「アロマティカ(AROMATICA)」のナイトクリーム“グロービタグッドナイトクリーム”。「アロマティカ」は、アロマセラピストが手掛ける香りにこだわったブランドで、「自分が癒される香りを探している時に出合った」のだとか。オレンジとネロリのさっぱりした香りが気に入り、ハンドクリームとクレンジングも追加で購入したそう。

「タンタン」と写真家・石田真澄のコラボレーションバッグ

台湾のファッションブランド「タンタン(TANTAN)」と写真家の石田真澄によるコラボレーションバッグは、6種の布と8本のリボンで作られています。結び方や持ち方次第で、無限の使い方が楽しめます。付属の取り扱い説明書がグラフィカルで、ポスターとして飾れそうなデザインです。「ここで紹介されている使い方以外にも、いろいろと考えられるのが楽しい」と話します。

「タンタン」のデザイナーは、街を観察したり、偶然出会ったものを商品に落とし込むことをコンセプトにしているそう。「このバッグにも、街やビル、アパートなどを彷彿させるモチーフが使われている。私も路上の写真を撮るのが趣味なので、街の写真をまとえるという点も気に入っている」と語りました。

次回予告

連載「WWDJAPANスタッフの2024年“初買い品”」、最終回となる第4回目は「WWDJAPAN」編集長の村上要が登場します。シーズンで3桁万円を洋服に費やすという村上編集長が、今年初めに買ったものとは。来週もお楽しみに。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。