ビューティ

ウエルシアがプレミアアムヘアケアブランド「イッツ」を立ち上げ PB拡大戦略の一環

ウエルシア薬局は6月1日、新オリジナルヘアケアブランド「イッツ ワッツ インサイド ザット マターズ(ITʼS WHATʼS INSIDE THAT MATTERS. )」(以下、イッツ)を発売する。同社のプライベートブランド(以下、PB)の強化戦略の一環として、プレミアム価格帯の薬用スカルプシャンプー(400mL、1680円)やダメージリペアトリートメント(400mL、1680円)を展開する。

ウエルシアがコンセプトから企画し、セルラボと共同開発

「イッツ」のブランド名は「大切なものは中身」を意味し、髪の悩みの顕在化と根本解決を目指して開発した。ウエルシア薬局がコンセプトから企画し、ネイチャーラボの研究開発部門であるセルラボと共同開発した。頭皮をケアする“薬用スカルプ”とカラーやパーマで痛んだ髪を補修する“ダメージリペア”の2シリーズを用意する。“薬用スカルプ”は肌の変化を感じる30〜40歳の女性をターゲットに、炎症やふけへの効果が期待できる処方を採用。ヘアカラーやパーマを楽しむ20代前半から30代前半に向けた“ダメージリペア”は、髪内部の空洞化に着目し、オイル性のケラチンなど髪の修復を手助けする成分を配合した。

「26年度にはPBの売上構成比を10%まで拡大」

ウエルシアホールディングスは、ロート製薬と共同開発するスキンケアブランド「リスタ(RESTA)」をはじめ、食品や日用品、ヘルスケアを展開する「からだウエルシア」「くらしウエルシア」「トップバリュ(TOPVALU)」などのPB を抱える。2024年2月期の売上高1兆2173億3900万円のうち、PBの売り上げは810億円と8.4%を占める。桐澤英明・ウエルシア薬局代表取締役副社長兼商品物流担当は「26年度にはPBの売上高を1100億円、売上構成比を10%まで拡大する。『イッツ』の発売によりポートフォリオを拡張しPBカテゴリーを強化する狙いだ。今の時代とお客さまのニーズに応える商品開発をし、ウエルシアの考えるヘルス&ビューティの価値を海外に広げる」と話す。

「独自の薬用成分とトレンド感で新たなポジションに」

商品企画部の岡本貴部長は、シャンプー市場について「本体1000円以上のプレミアム価格帯の商品が半分を占め、差別化が困難になっている。買い替えが激しいカテゴリー」と分析する。パッケージや香りなどのトレンド感を求める顧客や、スキンケア機能や薬用効果を重視する層など分かれる中、それらの中間として独自の薬用成分とトレンドに合わせたパッケージデザインで、新たなポジションを狙う。「イッツ」は今後、スキンケアやメイクなどを拡充しトータルビューティケアブランドとして発展させていく。

ブランドアンバサダーにはモデルとして活躍する在原みゆきを起用した。「本物の美しさに、トレンドはない」をキャッチコピーに掲げ、キャンペーンを展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。