ファッション
連載 ファッション&ビューティパトロール 第48回

聞かせて!あなたの「スウォッチ」愛

無料で読める

聞かせて!あなたの「スウォッチ」愛

6月10日は、西暦671年に日本初の時報が鳴らされたとされる「時の記念日」。ということで今号は「時計」に関する企画をお届け。取材で「スウォッチ原宿店」を訪れたとき、同行した写真家の寺沢美遊さんが「私も『スウォッチ(SWATCH)』集めていました」と話してくれた。そういえば僕にも父が買ってくれた1本が実家にある。多くの人の「腕時計」の原体験って「スウォッチ」なのかも!? そんな仮説をもとに、アートやファッション業界の愛用者4人に「スウォッチ」愛を語ってもらった。(この記事は「WWDJAPAN」2024年6月10日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

WHAT'S SWATCH?

1983年にスイスで創業。ポップなデザインと良心的な価格設定で、80〜90年代にかけて世界中でブームを起こした。創業者のニコラス・G・ハイエック(Nicolas G. Hayek)は、「ブレゲ(BREGUET)」や「オメガ(OMEGA)」を傘下に収め、世界最大の時計グループであるスウォッチ・グループを築き上げた。

異色のアーティストのこだわりは
意外にも「シンプル・イズ・ベスト」

異色のアーティストのこだわりは意外にも「シンプル・イズ・ベスト」

使い始めたのは高校生の頃。シンプルで、文字盤が見やすいものを愛用しています。洋服の邪魔にならない手軽さが一番の魅力です。ゴツゴツした高級時計は、自分のワードローブには合わないなと。展覧会でスイスに初めて行ったときにと同型のものを買って、数年前に壊れちゃったからこれは2つ目。ジェリーフィッシュ系の透明のモデルもいくつか持っています。2018年発売のダミアン・ハースト(Damien Hirst)とのコラボモデルはもらいもの。「スウォッチ」とのコラボ?もちろんオファーがあったらやりますよ!

この続きを読むには…
残り1610⽂字, 画像15枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。