ファッション

現代アーティストのクリストフ・ブルンケルが日本初の個展をKOMIYAMA TOKYO Gで開催 初日は本人によるブックサイニングも

小宮山書店が運営するギャラリーKOMIYAMA TOKYO Gは、現代アーティストのクリストフ・ブルンケル(Christophe Brunnquell)の日本初となる個展「フレンチ:メ・ウィ(French: Mai Oui)」と最新アートブック「ラ・ギャー・ドゥ・フ(LA GUERRE DU FEU)」の出版記念サイン会を行う。個展の会期は7月5〜15日で、サイン会は初日に開催する。

同展では、クリストフが過去に「ヴォーグ(VOGUE)」などでのみ発表してきた、オリジナルのコラージュ作品約50点と「ラ・ギャー・ドゥ・フ」に収録されたフォトプリント作品約10点を展示する。

「ラ・ギャー・ドゥ・フ」は2008〜23年の間、被写体をキャンバスの延長と捉え描いたグラフィティとインスタレーションを組み合わせたクリストフの作品を、フランス人のフォトグラファー、エステル・ハナニア(Estelle Hanania)が撮り下ろしたコラボレーション写真集で、世界限定300部で50部を日本先行販売する。

クリストフは、フランスのファッション・カルチャー誌「パープル(PURPLE)」の初期クリエイティブディレクターと「ル・フィガロ(LE FIGARO)」の全ラグジュアリー部門でクリエイティブディレクターを15年間務めた。

◼️CHRISTOPHE BRUNNQUELL Solo Exhibition「French Mai Oui」
会期:7月5〜15日
会場:KOMIYAMA TOKYO G
住所:東京都千代田区神田小川町3-20-4 第2龍名館ビル 1F D
時間:12:00〜18:30(日・祝日は12:00〜17:30)
休日:火曜、水曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。