ファッション

仏ファッション誌「ロフィシェル」日本版が復活 カフェやウェブメディアなど広く展開

フランス発のファッション専門誌「ロフィシェル(L’OFFICIEL)」の日本版「ロフィシェル ジャパン(L’OFFICIEL JAPAN)」が復活。9月に創刊号を発売する。発行元は香港のデジタルソリューショングループAMTD IDEAの子会社であるロフィシェル ジャパン。

「ロフィシェル」は1921年にフランス・パリで創刊されたファッション専門誌。現在、世界80カ国で展開し、33カ国で現地言語版が提供されている。日本版はロフィシャル ジャパンとセブン&アイ出版が2015年10月に共同で創刊し、16年12月発売号で休刊していた。

編集長を務めるのは「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」や「ルウオモ ヴォーグ(L'UOMO VOGUE)」などでファッションエディターとしての経験を積んできた川崎剛史氏だ。価格は1200円(予価)。季刊(3月、6月、9月、11月)で28日に発売する予定だ。

復活創刊と連動して、10月には東京・表参道に「ロフィシェル カフェ オモテサンドウ(L’OFFICIELL CAFE OMOTESANDO)」をオープン。カフェ営業に加えて、ポップアップや読者コミュニケーションの場として機能させていく。同店舗の2階はヘッドオフィスとして稼働する予定だ。

年内には日本版のウェブメディアのローンチも予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。