ファッション
連載 ビジネスリポート

買取好調で売上高が約20%増の「セカンドストリート」 「アークテリクス」や「サロモン」がけん引(2023年下半期)

有料会員限定記事

ゲオホールディングスが手掛ける総合リユースショップ「セカンドストリート(2nd STREET)」は、全国に約830以上の店舗を構える。リセール業界最大手で2023年下期に好調だったブランドやアイテムは?セカンドストリートの竹下優也商品1課リユースバイヤーユニット(カジュアル衣服)に聞いた。なお、同社では初期売価3900円以上(一部を除く)を対象に売れ筋データを収集している。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月26日号会員限定特別付録「ビジネスリポート 2023年下半期」からの抜粋です)

WWD:2023年下半期の商況は?

竹下:衣料品・雑貨の売上高は前年同期比約20%増と好調だった。前年より買い取り金額が伸長したことによって商品展開数が増え、品ぞろえの鮮度を保てたことで顧客の来店頻度が上がり売り上げにつながった。12月には横浜で行われた国内最大級のスニーカーイベント「Snex2023」に初出店。ハイプスニーカーが当たるガチャを設置するなどして、盛り上がった。

WWD:好調だったカテゴリーは?

竹下:アメリカ系ブランドやアウトドアブランド、デザイナーズブランドがよく売れた。アイテムでは「アークテリクス(ARC'TERYX)」のマウンテンパーカや「サロモン(SALOMON)」のシューズなどテック系が好調。ダウンジャケットも根強く人気だ。「モンクレール(MONCLER)」「タトラス(TATRAS)」「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」などがランキング上位に並んだ。暖冬の影響で出だしは遅れたが、その後の消化は順調。一次流通のアウター商戦が苦戦したなか、かなり健闘したと評価している。

WWD:市況では暖冬の影響で重衣料は苦戦した。好調要因はどこにある?

この続きを読むには…
残り1051⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。