ファッション
特集 インバウンド2024 第6回 / 全12回

ビームス ジャパン、インバウンド売り上げは過去最高  アジア圏で高い信頼度

有料会員限定記事

訪日客のキャラクターや地域が多様化する中で、インバウンド消費に強いブランドや店舗も変わりつつある。主要都市の路面店ではインバウンド比率が3〜5割にまで高まる中で、施策はどうあるべきか。渋谷パルコから原宿の「アットコスメトーキョー(@cosme TOKYO)」「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」まで、銀座や表参道、渋谷、心斎橋、福岡の主要都市の12店舗・ブランドの動向をまとめた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年5月20日号からの抜粋です)

免税売り上げ比率

2024年2〜4月
50%

好調アイテム

「ハイタイド」別注パス&カードケース、「ニューレトロ」別注縁起物刺しゅうキーホルダー、ステッカー全般、ビームス ジャパンロゴ入り徳利、富士山デザイン丼鉢 、「アークテリクス」別注アイテムなど

新宿店の免税売り上げは6割超え
「日本の銘品」が人気

ビームスによる「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」は、「日本の魅力を発信」することをミッションに食や伝統工芸、ファッション、アートなどさまざまなカテゴリーの商品をキュレーションする。2016年に新宿に旗艦店をオープンし、現在までに渋谷、京都、宮島、出雲、神戸、日光の7店舗を運営する。コロナ以前から平均インバウンド比率は40%程度と高かったが、直近3カ月でさらに50%に伸び、インバウンドの売上高、客数ともにコロナ前の実績を超えた。

この続きを読むには…
残り1262⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。