ファッション

【スナップ】「ピッティ」で見つけたクラシック“ほぐ師”たち シルエットバランスの妙を見よ

イタリア・フィレンツェでメンズの見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)」が6月11〜14日に開催された。第106回となる今シーズンは“ピッティ・レモン(PITTI LEMON)”をテーマに掲げ、会場フォルテッツァ・ダ・バッソはレモンカラーに染まった。ビビッドな会場装飾とは対照的に、来場者は2024年春夏シーズンのキーカラーであるサンドやエクリュ、モスグリーンといったアースカラーにホワイトを合わせるなど、トスカーナ地方の自然風景を反映したようなカラーパレットに身を包んだ。

イタリアのファクトリーブランドを中心とした“イタリアン クラシコ”の祭典として知られる「ピッティ」だが、来場者の装いは徐々に変化しており、クラシックを“ほぐす“アイデアが満載だった。例えば、伝統的なサルトリア仕立てのジャケットにショーツやバギーパンツや、ゆったりとしたスラックスを合わせたり、インナーのシャツはボタンを外して胸元を大きく開けるか、Tシャツでスタイリングして程よくカジュアルに着崩したり。新たな潮流は、今季のトレンドの一つであるウエスタンスタイルを取り入れた装いだ。ハイウエストのフレアパンツに、バックルに装飾金具を取り付けたベルト、首周りをバンダナで飾り、ストローハットの代わりにカウボーイハットを被って、クラシコとウエスタンを融合させる。また、ゲストデザイナーとして6月12日にショーを開催した「マリーン セル(MARINE SERRE)」で全身スタイリングする来場者もいた。ここ数年は“イタリアン クラシコ”以外のジャンル開拓を模索するに「ピッティ」だけに、来場者の顔ぶれと装いにも少しづつ変化が起きているようだ。

スナップ一覧

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。