ファッション

ブルーボトルコーヒーが「マリメッコ」とのコラボアイテムを数量限定発売 Tシャツやタンブラーなど

ブルーボトルコーヒージャパンは6月14日、「マリメッコ(MARIMEKKO)」を代表する“ウニッコ”柄の60周年を記念し、同ブランドとのコラボアイテムを数量限定で発売する。ブルーボトルコーヒーのカフェ店舗や公式オンラインで取り扱う。また6月14〜30日の期間、ブルーボトルコーヒーのカフェ代官山店と渋谷店で、店内や外装、店員の制服に至るまで、“ウニッコ”デザインを配したデコレーションを行う。

コラボアイテムは、Tシャツ(1万7600円、サイズはXS〜XL)やキャップとエナメルピンのセット(1万3794円)、トートバッグ(6600円)、エナメルピンのセット(3850円)、ドリッパー(2851円)、清澄マグ(2494円)、「キントー(KINTO)」とのコラボタンブラー(4752円)、「エコーヒーカップ(ECOFFEE CUP)」と共同開発したエコカップ(2257円)などをラインアップ。それぞれブルーボトルコーヒーを思わせる水色の“ウニッコ”柄があしらわれている。

ブルーボトルコーヒージャパンの伊藤諒ジェネラル・マネージャーはコラボに際し、「この度、記念すべき“ウニッコ”の60周年にコラボレーションできることを大変嬉しく思う。『マリメッコ』のフィロソフィーに触れた時に“Timeless(タイムレス)”という言葉にとても共感を覚えた。ブルーボトルコーヒーではさまざまな方に長く愛される場所になれればとカ フェを中心にコーヒー体験を提案している。ファッションとコーヒー、領域は違うが、共通する想いを持つブランドのコラボレーションを通じて、より多くの方にその魅力をお楽しみいただければと思う」とコメントしている。

またレベッカ・ベイ(Rebekka Bay)=「マリメッコ」クリエイティブ・ディレクターは、「今回、限定アイテムをリリースするにあたってブルーボトルコーヒーと提携することができ、心が踊る思いだ。『マリメッコ』は、今までにない驚きに溢れるなにかをゲストのみなさまにお届けできるような、豊かなコラボレーションがもつ力を信じている。歓びに満ちた今回のコラボレーションをフィンランドに次いで2番目に大きな市場であり、『マリメッコ』にとって重要なマーケットである日本各地のブルーボトルコーヒーカフェで実施できることを大変嬉しく思う」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。