ファッション

「マリメッコ」がウィズ原宿でファッションイベント開催 限定アイスやショー、エキシビションも

マリメッコ(MARIMEKKO)」が”ウニッコ”(けしの花)柄の60周年を記念して、原宿駅前の複合施設、ウイズ原宿(WITH HARAJUKU)でファッションイベント“Marimekko Day in Tokyo” を5月17日〜19日まで開催する。

18日14時からは日本初のパブリックファッションショーを開催。2024年春夏コレクション「実用主義とミニマリズム」をテーマに、地元ヘルシンキで毎年行われるショーを東京で再現。インスタグラム、オンラインストア内でライブ配信も行い、配信を楽しみながらショーで着用しているアイテムをその場で購入することもできる。来場の詳細についてはオンラインストア特設ページに記載する。

ウィズ原宿 3階ホールではエキシビション、“ウニッコ フォーエバー(Unikko forever)”を開催し、1960年代スタイルのウニッコのミニドレスなど、コレクターアイテムをはじめとしたアイコニックなアイテムを展示する。

3階パークではイベント限定アイスクリームショップ“アイスクリーム キオスク”がオープン。アイスクリームメーカー“SCREAM”が特別に開発したベリーキャラメルフレーバーを数量限定で販売する。冷たいクランベリーに温かいキャラメルソースをかけて食べるフィンランドの伝統的なおやつ、ヤーカルパロイタ・ヤ・クーマー・キヌスキカスティケッタをイメージした。価格は600円。

イベント開催を記念しノベルティーキャンペーンも行う。18日より表参道店、公式オンラインストア、楽天ファッションで税込2万4200円以上の購入で、1964年当時のオリジナルカラーをイメージしたウニッコ柄プリントのファブリックバッグを数量限定でプレゼントする。

また、ウィズ原宿×ウニッコ テイクオーバー キャンペーンでは、ウィズ ハラジュク地下1階から3階の様々な場所にウニッコが出現し、同施設をジャック。期間中、ウィズ 原宿で撮影した写真をインスタグラムで@marimikkojapanをメンションし、#Marimekkodayをつけてストーリーまたは、フィード投稿した方の中から抽選で10人にスペシャルデザインのファブリックバッグをプレゼントする。キャンペーン詳細については特設ページに記載。

◼︎Marimekko Day in Tokyo
日程:5月17〜19日
場所:ウィズ原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1ー14ー30

◼︎2024年春夏ファッションショー
日程:5月18日
時間:14:00〜
場所:ウィズ原宿

◼︎エキシビション “ウニッコ フォーエバー”
日程:5月17〜19日
時間:17日 14:00〜18:00 / 18日 15:00〜18:00 / 19日 11:00〜18:00
場所:ウィズ原宿 ホール3階

◼︎アイスクリーム キオスク
日程:5月17〜19日
時間:17日 14:00〜18:00 / 18日 15:00〜18:00 / 19日 11:00〜18:00
場所:ウィズ原宿 3階パーク

◼︎ウィズ ハラジュク×ウニッコ テイク オーバー キャンペーン
日程:5月17〜19日
時間:17日 14:00〜18:00 / 18日 15:00〜18:00 / 19日 11:00〜18:00
場所:ウィズ原宿 地下1階〜3階

特設サイト

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。