ファッション
特集 クリエイターの新潮流 第9回 / 全10回

15歳のタトゥーアーティストNOKO ピュアなまなざしの先に広がる夢

有料会員限定記事
NOKO

NOKO(15)

タトゥーアーティスト

PROFILE:(のこ)2008年生まれ、京都府出身。オランダ・アムステルダムに在住する。6歳で初めてタトゥーマシンに触れる。動植物を繊細な筆致で描くことで知られ、インスタグラム(@noko_tattoo)のフォロワーは31万を超える。20年には“世界を変える30歳未満の日本人30人”として「フォーブス ジャパン 30 アンダー 30(FORBES JAPAN 30 UNDER 30)」に選出。近年、「シンラ」や「ヴァイス」にも取り上げられ、日本での注目度が高まっている。父親は世界的タトゥーアーティストのGakkin

現在15歳のNOKOが、初めてタトゥーマシンに触れたのは6歳の頃だった。世界的タトゥーアーティストである父親のGakkinに、「遊びでいいからやってみて」と言われ、当時飼っていた文鳥の「こまじろう」をふとももに彫った。(この記事は「WWDJAPAN」2024年5月13日号からの抜粋です)

保育園の頃からイラストを描くことが好きだった。9歳で京都からオランダ・アムステルダムに引っ越し、言語の通じない環境の中で、「当時は友達の作り方も分からないし、学校から出される宿題も全くなかったから、放課後は暇だった」。その様子を見たGakkinが、タトゥー練習用のシリコーン製ボディーパーツを買い与えてくれたという。

この続きを読むには…
残り1235⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。