ファッション

アスプルンドが廃棄デニム素材の家具や什器を販売 デザイン性の高さで差別化

ワールド傘下の家具製造販売会社であるアスプルンド(東京、西川信一社長)は、廃棄デニム素材を再利用したマテリアルボード「ステラポップ」の家具や什器の販売を今春から始めた。従来の再生材を使用したマテリアルボードに比べてデザイン性が高い点を強みとし、サステナビリティ意識が高い企業のオフィスなどのニーズを獲得する。

一般の顧客に向けた家具もそろえるが、ターゲットとする用途は業務用。飲食店、ホテル、オフィス、結婚式場などでの使用を想定しているが、特にオフィス用途の注文が増加している。「サステナビリティへの意識が高く、対外的にもそのイメージを強化していきたい企業から、ロビーや商談室で利用したいという声が多い。弊社が扱う他の家具より1.3倍ほど価格は高いが、姿勢に共感した企業からの支持を獲得できている」と熊代太一マネージャーは話す。

「ステラポップ」はベトナムのジーンズメーカーのサイテックスが開発した、廃棄デニムを再利用したマテリアル素材。デニムの製造過程で出るB品を使用し、水性バインダーを混ぜ合わせてプレスして製造する。取り入れる廃棄デニムを変更することで色味や風合いの調整ができ、カラフルで表面にデニムの素材感が残った柄が特徴的だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。