ファッション

「ギャップ」がザ・ローリング・ストーンズやガンズ・アンド・ローゼズなど6組のミュージシャンとのコラボTを発売

ギャップ(GAP)」は1960~90年代のミュージックシーンを席巻したレジェンドアーティストたちとのコラボレーションTシャツを5月21日、一部の「ギャップ」ストアと公式オンラインストアで発売する。

今夏コラボTとして登場するのは、ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)、エルトン・ジョン(Elton John)、ボブ・マーリー(Bob Marley)、ハードロックバンドのガンズ・アンド・ローゼズ(GUNS N’ ROSES)、ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)、ザ・ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)の全6組。サイズはXS~XLで展開し、価格は各4990円。

ローリング・ストーンズは、アメリカの星条旗柄になったバンドのシンボルマーク “Lips and Tongue”がフロントとバックにデザインされたグラフィックで、世界ツアーを行った89年の’89が施されている。

エルトン・ジョンは、彼自身が初めて米国でライブを行ったロサンゼルスのライヴハウス “Troubadour(トルバドゥール)”や、ピアノを弾くエルトンがカラフルに描かれた遊び心あるポップなデザイン。

ボブ・マーリーは、61年のファーストソング「ジャッジ・ノット」から80年の最後のライブまでを収録したベストアルバム “Songs of Freedom”の文字、そしてボブの顔がフロントにデザインされている。

ガンズ・アンド・ローゼズは、メンバーのがい骨マークを施したダークでロックなグラフィックに。

ビースティ・ボーイズは、90年代の“Junior Varsity”ツアーのグラフィックを施し、バックプリントにメンバー3人とゆかりのあるニューヨークの床屋 “JOE & TONY’S BARBARSHOP”や3と大きく描かれたデザインが特徴。

ザ・ノトーリアス・B.I.G.は、深いグリーンのボディーにモノクロ写真と彼の名前がプリントされたクールなグラフィックTとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。