ファッション

パリ五輪体操・トランポリン日本代表のユニホーム 縄文土器や海に着想したコシノヒロコ流デザイン

日本体操協会とのオフィシャルサプライヤー契約を結ぶ「ミズノ」は、2024年シーズンの体操競技・トランポリン日本代表の新ユニホームを発表した。パリで7月26日に開幕するオリンピックを含めた国際大会で、選手が着用する。デザインは、「ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)」のデザイナー、コシノヒロコが手掛け、“日本らしさ”を盛り込んだ。

コシノは2011年度から、体操競技日本代表のユニホームデザインを担当。今年は男女2種類ずつを披露した。「自分のデザインを押し付けるのではなく、選手がユニホームによって誇りを持てたり、気分が高揚したりすることを最優先している」と話し、「着用することでこれまで以上に力を発揮してほしい」と激励した。

男子用のデザインは“ウネリ(UNERI)”と“サンライズ(SUNRISE)”で、いずれも力強さを表現している。“ウネリ”は海面のうねりをモチーフにしており、上半身に連続してあしらった三角のグラフィックは、「うろこ」と呼ばれる日本古来の幾何学模様に由来する。 “サンライズ”では、上りゆく朝日と縄文土器の文様に着想を得た。

女子用のデザインは、“アラベスク(ARABESQUE)”と、男子と同様の“ウネリ”。スワロフスキー社製のクリスタルガラスを前者には約3900個、後者には約3000個あしらった。“アラベスク”は2014-15年秋冬コレクションで使用したアラベスク模様をデザインソースにした。また、“ウネリ”に使用したブルーカラーは、日本の伝統色をサンプリングしたものだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。