ファッション

フランソワーズ・アルディが死去、享年80 フレンチ・ポップスを代表する歌手

フランスのシンガー・ソングライター、フランソワーズ・アルディ(Francoise Hardy)が6月11日に死去した。80歳だった。フレンチ・ポップスを代表する歌手の1人であり、1960年代のスタイルアイコンとしても知られた故人に、フランスのガブリエル・アタル(Gabriel Attal)首相やラシダ・ダティ(Rachida Dati)文化大臣、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)元仏大統領の妻でモデルのカーラ・ブルーニ(Carla Bruni)らの著名人が、SNSなどで哀悼の意を表している。

アンニュイな魅力で瞬く間にスターに

アルディは、1944年パリ生まれ。62年に自身が手掛けた曲「男の子と女の子(Tous les garcons et les filles)」でデビューし、そのアンニュイな魅力で瞬く間にスターに。当時、流行り始めていたミニスカートをいち早く着用したほか、ジーンズやレザージャケットなどロック風のスタイルも着こなし、ファッションアイコンとしても注目を集めた。イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)やパコ・ラバンヌ(Paco Rabanne)など、さまざまなデザイナーのモデルも務めた。

なお、川久保玲が率いる「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」は“少年のように”という意味だが、69年にブランドを立ち上げた際、アルディの「男の子と女の子」に着想を得て命名したといわれている。

「史上最も偉大な歌手トップ200」にフランス人で唯一ランクイン

アルディは、ミュージシャンのデヴィッド・ボウイ(David Bowie)やボブ・ディラン(Bob Dylan)、ミック・ジャガー(Mick Jagger)のミューズと呼ばれたが、自身も22歳の時点でレコードの売上枚数が1300万枚を突破。俳優としても活躍し、ロジェ・ヴァディム監督による映画「スエーデンの城(Nutty, Naughty Chateau)」やジャン・リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)監督の「男性・女性(Masculine Feminine)」などに出演している。

2004年に悪性リンパ腫と診断されて以来、長らく闘病生活を送っていた。23年には、米「ローリングストーン(ROLLING STONE)」誌が発表した「史上最も偉大な歌手トップ200(The 200 Greatest Singers of All Time)」に、フランス人で唯一選ばれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。