ファッション

「ミズノ」が東京五輪体操・トランポリン日本代表のユニホーム発表 コシノヒロコがデザイン

 「ミズノ(MIZUNO)」は、体操競技・トランポリン日本代表の新ユニホームを発表した。コシノヒロコ=デザイナーが“日本らしさ”をテーマに、男女2種類ずつデザインした。7月23日に開幕する東京オリンピックをはじめ、国際大会で着用する。

 男子は、「ハネ柄」と「書画」の2種類。“ハネ”は漫画でスピード感を表現する際に用いる技法で、書画は勢いのいい筆使いが特徴の絵画ジャンルだ。いずれもトランポリン競技の跳躍感を表現した。

 女子は、「一筆書き」と「蝶」の2種類。一筆書きでは、かすれた筆跡部分にスワロフスキーのクリスタルガラスを添えた。蝶では羽のパターンを忠実に再現し、自然が持つ力強さと美しさを表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら