ファッション

ユニクロが東京五輪スウェーデン代表選手団に公式ウエアを提供

 ユニクロは、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)に向けて、スウェーデン代表選手団に大会公式ウエアを提供する。対象となるのは、バドミントン、卓球、テニス、ボート、カヌー、水泳など20種目。競技だけでなく移動やセレモニー、トレーニングなど、あらゆるシーンでも着用する。

 ユニクロは2019年1月、スウェーデンオリンピック・パラリンピックチームとメイン・オリンピック・パートナー兼オフィシャル・クロージング・パートナー契約を締結。契約は4年間で、スウェーデンの代表選手団と大会関係者にユニクロ商品を提供してきた。

 「クオリティ」「イノベーション」「サステナビリティ」を掲げ、選手やユニクロアンバサダーからのフィードバックなどを元にウエアを開発した。“ドライ EX”や“ウルトラストレッチ”といったユニクロの機能性素材を使い、ペットボトルから生まれた再生ポリエステルのリサイクル素材を一部に採用した。

 ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「スウェーデン代表選手団を服の力でサポートできることを大変うれしく思います。グローバルブランドアンバサダーにウエア提供を行ってきたユニクロの服作りのノウハウに、サステナビリティ先進国であるスウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会の知見が加わり、より持続可能で、高品質で、新しいLifeWearコレクションを完成させることができました。ユニクロのウエアを着た選手団が大会で活躍する姿を見るのが今から楽しみです」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら