ファッション

「UT」21年春夏は話題の「あつ森」のほか「ワンピース」「モンハン」なども登場

 「ユニクロ(UNIQLO)」のグラフィックTシャツブランド「UT」は、2021年春夏商品のラインアップを発表した。4月29日の発売に先駆けてSNS上で話題になっている「あつまれ どうぶつの森(以下、あつ森)」に加え、eスポーツとして注目を集めるオンラインゲームの「リーグ・オブ・レジェンド(LEAGUE OF LEGEND)」(5月17日発売)、毎年好評な「ポケモン オールスターズ(POKEMON ALL STARS)」(5月下旬発売)、漫画の「ワンピース(ONE PIECE)」(4月23日発売)などがそろう。Tシャツ以外の雑貨類にもアイテムも広げている。

 Tシャツは1500円が中心。「あつ森」コラボは29日の発売に合わせて、「あつ森」のゲーム内にも“ユニクロ島”が出現し、販売するTシャツと同じアイテムをアバター用として配布する。ゲーム関連では「あつ森」「リーグ・オブ・レジェンド」「ポケモン」と共に、「モンスターハンターライズ(MONSTER HUNTER RIZE)」(6月11日発売)とも協業する。

 話題のゲームやアニメとのコラボの一方で、アーティストとのコラボも改めて打ち出す。定番となっているアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、キース・ヘリング(Keith Haring)、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)では、今季新たにスリッポンスニーカー(2990円)を企画。豆皿(590円)、折り畳み傘(1990円)、キャップ(1990円)、エコバッグ(990円)などと共に打ち出す。十数年ぶりの復活コラボというロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein、4月19日に発売済み)、写真家の森山大道(7月発売)、吉田ユニと「ディスニー(DISNEY)」の「ミッキーマウス」「ミニーマウス」と「UT」とのトリプルコラボ(5月7日発売)などもラインアップする。

 今後も、話題性の高いコラボ、トリプルコラボを順次発表していくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら