ファッション

「UT」21年春夏は話題の「あつ森」のほか「ワンピース」「モンハン」なども登場

 「ユニクロ(UNIQLO)」のグラフィックTシャツブランド「UT」は、2021年春夏商品のラインアップを発表した。4月29日の発売に先駆けてSNS上で話題になっている「あつまれ どうぶつの森(以下、あつ森)」に加え、eスポーツとして注目を集めるオンラインゲームの「リーグ・オブ・レジェンド(LEAGUE OF LEGEND)」(5月17日発売)、毎年好評な「ポケモン オールスターズ(POKEMON ALL STARS)」(5月下旬発売)、漫画の「ワンピース(ONE PIECE)」(4月23日発売)などがそろう。Tシャツ以外の雑貨類にもアイテムも広げている。

 Tシャツは1500円が中心。「あつ森」コラボは29日の発売に合わせて、「あつ森」のゲーム内にも“ユニクロ島”が出現し、販売するTシャツと同じアイテムをアバター用として配布する。ゲーム関連では「あつ森」「リーグ・オブ・レジェンド」「ポケモン」と共に、「モンスターハンターライズ(MONSTER HUNTER RIZE)」(6月11日発売)とも協業する。

 話題のゲームやアニメとのコラボの一方で、アーティストとのコラボも改めて打ち出す。定番となっているアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、キース・ヘリング(Keith Haring)、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)では、今季新たにスリッポンスニーカー(2990円)を企画。豆皿(590円)、折り畳み傘(1990円)、キャップ(1990円)、エコバッグ(990円)などと共に打ち出す。十数年ぶりの復活コラボというロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein、4月19日に発売済み)、写真家の森山大道(7月発売)、吉田ユニと「ディスニー(DISNEY)」の「ミッキーマウス」「ミニーマウス」と「UT」とのトリプルコラボ(5月7日発売)などもラインアップする。

 今後も、話題性の高いコラボ、トリプルコラボを順次発表していくという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら