ファッション

時計は近年まれに見る豊作! 世界最大の見本市で注目した3つの“素材”とは?

有料会員限定記事

 2年連続のデジタル開催となった、世界最大の時計見本市「ウオッチ&ワンダー ジュネーブ(WATCHES & WONDERS GENEVA)」(旧「S.I.H.H.」、以下「W&W」)が終了した。新型コロナの影響で各ブランドが2020年の発表モデル数を絞ったことで、21年の新作は製品化までに十分な時間が確保でき、ブランドの哲学や持ち味が見事に発揮された。この10年で、最も充実したラインアップがそろったと言える。中でも注目したのは、“素材”だ。

この続きを読むには…
残り2034⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。