ファッション

時計は近年まれに見る豊作! 世界最大の見本市で注目した3つの“素材”とは?

有料会員限定記事

 2年連続のデジタル開催となった、世界最大の時計見本市「ウオッチ&ワンダー ジュネーブ(WATCHES & WONDERS GENEVA)」(旧「S.I.H.H.」、以下「W&W」)が終了した。新型コロナの影響で各ブランドが2020年の発表モデル数を絞ったことで、21年の新作は製品化までに十分な時間が確保でき、ブランドの哲学や持ち味が見事に発揮された。この10年で、最も充実したラインアップがそろったと言える。中でも注目したのは、“素材”だ。

この続きを読むには…
残り2034⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら