ファッション

時計は近年まれに見る豊作! 世界最大の見本市で注目した3つの“素材”とは?

有料会員限定記事

 2年連続のデジタル開催となった、世界最大の時計見本市「ウオッチ&ワンダー ジュネーブ(WATCHES & WONDERS GENEVA)」(旧「S.I.H.H.」、以下「W&W」)が終了した。新型コロナの影響で各ブランドが2020年の発表モデル数を絞ったことで、21年の新作は製品化までに十分な時間が確保でき、ブランドの哲学や持ち味が見事に発揮された。この10年で、最も充実したラインアップがそろったと言える。中でも注目したのは、“素材”だ。

この続きを読むには…
残り2263⽂字, 画像10枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら