ビューティ

ヤーマン24年4月期は営業利益93.2%減 ヘルスケア分野の進出も検討

ヤーマンの2024年4月期連結業績は、売上高が前年比25.5%減の320億円、営業利益が同93.2%減の4億円、経常利益が同82.9%減の10億円、純利益が同89.8%減の3億円だった。中国でALPS処理水の影響やRF規制によるRF搭載美容機器の安売りによる市場の混乱などの影響が残り「想定以上に落ち込んだ」(同社)。

部門別では、通販部門は新商品の投入が遅れ、従来商品の販売が中心となったことから売上高が同36.8%減の42億円、セグメント利益が同60.4%減の9億円だった。店販部門は、人流回復が見られたが、競合が増えたことや新カテゴリーの先行投資が響き、売上高が同6.0%減の74億円、セグメント利益が同45.5%減の9億円だった。

直販部門は、新システム入替時での自社ECサイトの停止が影響し、売上高が同14.3%減の84億円、セグメント利益が同41.7%減の26億円だった。海外部門では、中国市場が大きく打撃を受け、売上高が同37.1%減の112億円、セグメント利益は同55.4%減の30億円だった。

25年4月期の予想は、売上高が前期比9.3%増の350億円、営業利益が同500.6%増の25億円、経常利益が同117.6%増の22億円、純利益が289.1%増の15億円。中国以外の海外市場開拓を加速するほか、日本市場ではオーラルケアや美容医療といった新カテゴリーのラインアップを強化。また、ヘルスケア分野への進出も検討する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。