ビジネス
連載 ビジネスリポート

「トゥデイフル」「L.L.ビーン」が浮上中 リユースショップ「セカンドストリート」で売れたブランド(2024年冬)

有料会員限定記事

全国800店舗以上を展開する総合リユースショップ「セカンドストリート(2nd STREET)」で、今冬売れたブランドは何か?12〜2月に人気だったブランドTOP5をカテゴリーごとに一挙に紹介する。デザイナーズで人気は冬の鉄板「モンクレール(MONCLER)」。中古でも10万円をゆうに超える額でも、需要は高い。「ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)」「フリークス ストア(FREAK’S STORE)」「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「パタゴニア(PATAGONIA)」「スナイデル(SNIDEL)」「アメリ(AMERI)」が継続して強いが、セレクトでは「トゥデイフル(TODAYFUL)」、アウトドアでは「L.L.ビーン(L.L.BEAN)」が浮上してきている。一次流通で人気なブランドは、二次流通でも同じだ。なお、カテゴリーは「セカンドストリート」判断に依る。

デザイナーズ(メンズ)
1.「モンクレール」ダウンジャケット、ダウンベスト
2.「ディーゼル」パンツ、ダウンジャケット、ジャケット
3.「ストーンアイランド」ダウンジャケット、スエット、パンツ
4.「タトラス」ダウンジャケット
5.「メゾンマルジェラ」パンツ、スエット、セーター

売れ筋傾向:ダウンジャケットに定評がある「モンクレール」「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」「タトラス(TATRAS)」が上位にランクイン。男女共に1位の「モンクレール」は定番のダウン系だけではなく、ブランドロゴを施したキャッチーなスエット、パーカ等の売れ行きも良かった。「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」も上位にランクイン。パンツやスエットなど季節を問わず着用できるアイテムが売り上げの大部分占めており、1年を通して安定した売れ行きとなっている。

この続きを読むには…
残り2489⽂字, 画像12枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。