ファッション
特集 Z & ミレニアル世代を直撃 広がるジェンダーニュートラルの波 第3回 / 全3回

“スカート男子”“インディ・スリーズ” セレクトショップ4社に聞くZ & ミレニアル世代の消費動向

有料会員限定記事

“スカート男子”“インディ・スリーズ” セレクトショップ4社に聞くZ & ミレニアル世代の消費動向

ここ数年でファッションにおけるジェンダー意識が大きく変化した。スカート男子をちまたで見かけるようになり、Z & ミレニアル世代の男性は、メンズ・ウィメンズ関係なくファッションを楽しむ傾向にある。SNSで情報を得ている彼らは、メディア主導のトレンドを参考にするのではなく、個人の価値観で、ジェンダーやタイプといった枠組みにとらわれずにものを選んでいる。今どきの20〜30代はどこで、どのようなブランドを購入しているのか。各社セレクトショップに話を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月8日号からの抜粋です)

「グレイト」

Y2Kに続くのは
インディー・スリーズ

ラフォーレ原宿内にあるセレクトショップ「グレイト(GR8)」は、1階にアクセサリーコーナー、2、5階でウエアなどを展開している。世界中から新進気鋭のブランドをそろえ、Z世代に絶大な支持を得ている店だ。「グレイト」のtoyotaバイヤーは、「“Y2K”の次に来るのは、ジェンダーフリーが当たり前の“インディ・スリーズ”。カウンターカルチャー系ブランドの人気が高まっている」と話す。コロナが落ち着いてからの若者のファッションマインドを「どこか楽天的なオルタナティブミュージシャンの印象に近い」と表現する。

売れ筋のブランドは、ブルガリア民話とロッククライミングのディテールをミックスした「チョポヴァ ロウェナ(CHOPOVA LOWENA)」。シグニチャーのスカートは完売になることもある人気商品だ。2000年代を中心にさまざまな時代をミックスしたテイストの「マーシャ ポポヴァ(MASHA POPOVA)」は、ウィメンズで火がつき男性も購入するようになった。カラフルでエアリーな「コリーナ ストラーダ(COLLINA STRADA)」も男性に人気が高い。いずれも、ユニセックス、一度見たら忘れない強烈な個性を持ったブランドばかりだ。価格は、5万〜20万円以上と決して手に取りやすくはないが、若い男女が購入するという。これらのブランドが支持されるのは、個人のSNS発信によりトレンドが多様化し、ファッションにおける自己表現の幅が広がったから。「『バレンシアガ(BALENCIAGA)』や『マーティン ローズ(MARTINE ROSE)』などが、以前はドラァグクイーンらの専売特許だったクロスドレッシングを当たり前のものにし、ここ2年でジェンダーのバイアスはなくなった」。「センティミエント(SENTIMIENTO)」のブラ付きポロなどを若い男性が購入し、テーラードやデニムと合わせて楽しむようだ。

この続きを読むには…
残り3247⽂字, 画像25枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。