ファッション
連載 今週の特集お届け隊 第135回

「フェミニン」「マスキュリン」の二元論でなく(2024年4月8日号)

毎週発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月8日号からの抜粋です)

益成:4年前、「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のコラボの影響で男性がパールを着用するようになったのをきっかけに、メンズジュエリーを特集しましたが、当時はまだファッション好きの男性に限られている印象でした。それが近年、若い男性は普通にフープピアスを着けたりしていて、さらに状況が変わったと感じていました。

村上:2022年6月の売れたもの特集で「ディーゼル(DIESEL)」のメンズジュエリーを取材したら、ものすごい勢いで伸びていて、フープピアスも3位にランクインしていました。ランウエイでもメンズブランドはストリートではなくウィメンズを参照するようになり、もはやスカートやレース使いも当たり前です。

益成:そうですよね。若い世代のリアルを知りたくて、座談会を企画しましたが、すごく面白かったです。メンズもウィメンズもブランドもテイストも全く意識していない。「カワイイ」「これが好き」だけで判断しています。ここ数年でここまでガラっと意識が変わったのは正直驚きでした。提案する方と受け取る方の双方に変化が見られ、社会もそれを認めていると感じました。

村上:先日シモーン・ロシャ(Simone Rocha)に「フェミニンなメンズを立ち上げた理由は?」と聞いたら、「フェミニンなメンズを作ろうと思ったことはなくて、ウィメンズ同様にポエティックなメンズができるのでは?と考えた」と語っていました。「フェミニン」「マスキュリン」の二元論でなく、「ポエティック」とか「センシティブ」といった視点で見ると、Z世代のファッションが理解しやすいと思いました。

益成:今までの枠組みってなんだったんだろうと思うくらいです。

先行く提案をする業界であるべき

村上:百貨店などのフロア分けはもちろん、ECで最初に迫られるメンズ・ウィメンズの選択がイヤだという人もいます。「選択肢の半分を失っている」と。ウィメンズの方がバリエーション豊富ですしね。売り場作りも変わらないと、せっかくの商機を失います。

益成:「スーパー エー マーケット」のバイヤーも語っていましたが、かつて「女性がズボン穿くなんて」という時代がありました。ですから、男性が普通にファッションとしてスカートを楽しむようになる日もくるのではないかと。

村上:そうした機運をわれわれも後押ししたいですし、先行く提案をする業界であるべきだと思います。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。