ビューティ

香水サブスク「カラリア」がジェンダーニュートラルにリニューアル 会員数は50万人

香りの総合プラットフォーム「カラリア(COLORIA)」はこのほど、ブランドリニューアルを行った。リニューアルに伴い、ロゴやコンセプトを一新。これまで20~30代女性をメインターゲットとしていたが、男女に関わらずジェンダーニュートラルを意識したサービスに刷新する。

「カラリア」のコンセプトは“理想の香りと出会う場所”。世の中には数多くの香りがあるが、変化する好みや気持ち、記憶と結びついたぴったりの香りを選ぶことができるのは一人一人の感覚があるからこそ。そんな感覚に寄り添う理想の香りとの出合いを「カラリア」で楽しんでほしいという思いを込めている。これまでブランドミッションとしてきた“香りで世界を彩る”、ビジョンの“香りとの出会いを最適化する”は変えずに、新たにブランドプロミスとして「わくわく」「リスペクト」「公平性」「品質管理」を定義した。新ロゴは、香りがゆらぎ、たゆたいながら世界を包み込む様子をイメージした。

今回のリニューアルを記念し、プレゼントキャンペーンも実施中だ。8月4日までに「カラリア 香りの定期便」で初めて注文した人を対象に、翌月使用できる最大15%オフクーポンをプレゼント。そのほか、抽選で6カ月無料クーポンやフレグランスアドバイザーによる香り相談会の参加券なども用意する。

「カラリア」の事業の中核は、ユーザーが約1000種の香りアイテムから好きな商品をセレクトし、使い切りのアトマイザーが毎月届くフレグランスのサブスクリプションサービス「カラリア 香りの定期便」。2019年1月にサービスを開始し、自分の好みの香りやおすすめのフレグランスが分かる「香水診断」、公式LINEで専属フレグランスアドバイザーが最適なフレグランスを提案する「香りのコンサルティング」などがある。「カラリア 香りの定期便」は会員数50万人を突破(7月現在)しているが、「人生の豊かさにもつながる香りをより日常的に使ってほしい」という思いから今回のブランドリニューアルに至った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。