ビューティ

伊勢丹メンズが本格的夏に向けて「香水夏市」を初開催 “フレグランスの聖地”を目指せ

三越伊勢丹は6月28〜7月18日、伊勢丹新宿本店メンズ館(以下、伊勢丹メンズ)で香りのコンセプトショップ「香水夏市 キュレーティッド バイ 伊勢丹メンズ(以下、香水夏市)」を開催する。

三越伊勢丹によると、来年には1600億円規模になると言われるメンズコスメ市場。昨年、メンズコスメティクス売り場を約2倍に拡大したという伊勢丹メンズでは、フレグランスの売り上げが約3倍(2020年比)になっているという。そこで、“自分らしい香水と出合う”をテーマに「香水夏市」を企画。300点以上のフレグランスを集結し、初心者にはファーストフレグランスを見つけてもらい、香りにこだわりのある男性には、フレグランスについて、より理解を深められるようなイベントにする。

香りへの関心が高まる夏に向けて“香水のイロハ”を伝授
これから夏本番。消費者の香りへの関心が高まり、フレグランス市場が盛り上がる時期だ。「香水夏市」では、伊勢丹メンズ初登場の4ブランドを含む11ブランド、300点以上のフレグランスをそろえる。参加ブランドは、イタリア発「アクア ディ パルマ(ACQUA DI PARMA)」やイギリス発の「ペンハリガン(PENHALIGON’S)」、フランス発の「セルジュ・ルタンス(SERGE LUTENS)」などのおなじみのブランドから人気の「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」の“レプリカ”まで、さまざま。米ロサンゼルスのラグジュアリースタイルを発信する「アポーシア(APOTHIA)」やスウェーデン人アーティストのヨハン・ベルゲリンが手掛ける「ナインティーンシックスティナイン(19-69)」、ビーガンフレグランスの「オブヴィアス(OBVIOUS)」などもある。

 会期中は、香水を熟知したプロがおすすめの香りを紹介するほか、フレグランスの選び方や使い方、どのようなシーンで着けるかなど“香水のイロハ”を教えてくれる。 伊勢丹メンズは、“男性美容の聖地”、ひいては“メンズフレグランスの聖地”を目指し、さまざまなイベントを企画。パーソナルカウンセリングやオリジナルの香り作りのワークショップ、 カリグラフィーでボトルに名入れサービスなども行い、フレグランス初心者へも出合いや発見のきっかけを提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。