ビューティ
連載 YOUTH

デジタルで香りの魅力を発信する香水ベンチャーとユーチューバーに聞いた 嗅覚を使わずに伝えるには?

有料会員限定記事

 “おうち時間”の充実によりジェンダーを問わず香りへの抵抗感が低くなっているが、まだまだ誰もが香水を毎日使うまでには至っていない。そんな現状を打破し、香水文化を広げようと活動するのが、香水の定期便サービス「カラリア」を展開する南木将宏ハイ リンク代表兼CEOと、ユーチューブチャネル「セント(香水オバケ)」を運営する大川司氏と市川涼氏だ。(この記事はWWDジャパン2020年10月26日号ビューティ別冊からの抜粋です)

WWDビューティ(以下、WWD):南木さんが「カラリア」を、大川さんと市川さんがユーチューブ「セント」をスタートしようと思ったきっかけは?
南木将宏ハイ リンクCEO(以下、南木):「カラリア」をスタートしたのは1年半前です。香水は好きで使っていたけど、店頭で10本ぐらい嗅ぐと香りがよく分からなくなる。また香りは付けて時間が経つと変わっていく。そうなると、店頭に行って買うことだけが正しいのか?と疑問に思ったことがきっかけです。現在、香水約500種類(ファッションフレグランス6〜7割、女性9割)を取り扱っています。

WWD:香水のお試し販売はほかにもあるが、「カラリア」の特徴は?
南木:サブスクで毎月好きなアイテムをお届けすることで、お客さまの感想を集められるということがあります。集めたデータを駆使することで、気づいていない、出合っていない香りに、最短でマッチングさせてあげられることではないかと。サブスクに加え、インスタやウェブメディア、ティックトックを開設し情報を発信しています。

この続きを読むには…
残り2132⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。