ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

“色物”はやっぱりパッションが要!

有料会員限定記事

【連載】ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

ビューティ賢者が
最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。
今週は、“色物”の課題について考える。

寺山イク子/オリエンタル代表/江戸川大学 客員教授/JCPA(日本コスメティックプロフェッショナル協会)顧問

(てらやま・いくこ)「コスメティック」(著・林真理子/小学館)の主人公モデル。2012年から江戸川大学「ビューティビジネス」でアカデミア参入。多くの世界的ラグジュアリー企業での経験や実績から”ビューティ・ジェネラリスト”として活動中。近く「パーソナルゼミ」開講予定。趣味はソーシャルアストロロジー

【賢者が選んだ注目ニュース】

2023年12月末に幕をおろした「アンプリチュード」に続く「『オーブ』ブランド終了のお知らせ」に複雑な思いを抱いたが、ここは少し冷静に、メイクアップカラー商品の俗称でもある“色物”(主にアイシャドウやリップ、チークなど)について考えたい。

「オーブ」の看板商品である“ブラシひと塗りシャドウ”は、高機能・高品質にこだわった「計算尽くしのウェーブ設計」を搭載し、「10秒シャドウ」のコピーはインパクトが大きかった。花王らしいアプローチであったものの、タイパ(タイムパフォーマンス)で商品を語るだけで周回遅れになってしまったのではと感じる。消費者にとっては「気にはなっていたけれど使ったことのない」商品だったのだろうか。個人的に“タイパ”を追求し過ぎると、逆に何かが逃げていく気がして、その言葉の存在は私のインサイト内ではミュート中だ。

この続きを読むには…
残り1622⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。