ファッション
連載 今週の学生に読んでほしい記事3選 第22回

「カルバン・クライン」バズの経済効果、「オーブ」終了から見るコスメ業界とは?

有料会員限定記事

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事から学生に読んでほしいものを厳選し、記者のコメント付きで紹介するものだ。今回は18億円相当の経済効果をもたらしたという「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」の下着広告や、メイクアップブランド「オーブ(AUBE)」の販売終了からみるビューティ業界の課題、そしてメンズ・コレクション真っ只中の現地からのレポートの3つの記事を掘り下げる。ニュースの読み方を知るとともに、面接やビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

【記事1】
「カルバン・クライン」の下着広告が大バズり
俳優ジェレミー・アレン・ホワイトで18億円のインパクト

「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」が1月4日(現地時間)に公開した男性向け下着の広告がSNS上で大バズりしている。俳優のジェレミー・アレン・ホワイト(Jeremy Allen White)を起用し、写真家のマート・アラス(Mert Alas)が撮影を、ファッション編集者のエマニュエル・アルト(Emmanuelle Alt)がスタイリングを手がけた。(全文はこちら

【記者の解説】
映画「シェイムレス 俺たちに恥はない」などの出演作で知られる俳優ジェレミー・アレン・ホワイトが、「カルバン・クライン」の下着広告に登場し大反響を得ている。公開後48時間以内に18億円相当の経済効果をもたらしたというから驚きだ。「この“18億円”はどこからやってきた数字?」と思った学生読者も多いかもしれない。実はPR効果を測定するツールの1つに、米ローンチメトリックス(LAUNCHMETRICS)による「メディア・インパクト・バリュー(MIV)」がある。同社が独自開発した機械学習アルゴリズムやAIによって、世界中のメディアの掲載情報を収集・分析する。ファッション&ビューティ業界の有力ブランドがこぞって採用するサービスで、PR効果のほかに、ブランド自体の価値を数値化することも可能だ。これからは広告を見る際、「このMIVはどれくらいだろう?」と思いをはせてみては。(利川果奈子/編集部記者)

【記事2】
花王「オーブ」販売終了、浮き彫りになった“中価格帯コスメ”の課題

この続きを読むには…
残り1226⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。